成年後見制度とは

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、財産管理(不動産や預貯金などの管理、遺産分割協議などの相続手続など)や身上保護(介護・福祉サービスの利用契約や施設入所・入院の契約締結、履行状況の確認など)などの法律行為をひとりで行うのが難しい場合があります。また、自分に不利益な契約であることがよくわからないままに契約を結んでしまい、悪質商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を法的に保護し、支援するのが成年後見制度です。
成年後見制度には、法定後見制度の他、任意後見制度があります。

  • 後見とは

    成年後見制度には、法定後見制度の他、任意後見制度があります。
    「後見」と略すときは法定後見制度の後見類型のことを指すことが多いです。

  • 成年後見人等とは

    補助人、保佐人、成年後見人のことをいいます。

配布用チラシ

成年後見制度について日頃から考えていただくためのチラシをご用意しました。データをダウンロードして、ご活用下さい。
(表面の下部は、団体名等を記載していただけるよう、スペースを設けております。)